パッケージと梱包

パッケージの種類と試作例

パッケージ(ファスナー付きバッグ)

商品を制作する時に忘れてはいけないのがパッケージです。
特に人間は視覚で直感的に判断しますので、パッケージはブランディングに欠かせない重要な要素になります。
工場に何も指示をしない場合は個別にOPP袋に入れて納品するケースが多いのですが、ブリスターパックやファスナー付きバッグなどに入れると完成度の高さを増します。
商品ラベルや他の商品とのセットアップなどについては検品の記事を参考にしてください。
ファスナー付きバッグも素材や大きさで単価が変わりますが、商品にジャストサイズの既製の型があれば型代も無料になります。
色も透明~半透明、色付きなど、ファスナーにチャームを付ける事などパッケージも商品と同様に拘る事でブランディングを成功に導くでしょう。
材質もPE,PVCなど様々です。

試作例(シャワーボールのパッケージ)

シャワーボールはご自宅で使う場合が多いですが、携帯も出来るように通常のOPP袋ではなくファスナー付きパッケージを御提案しました。

この商品は定期発注ですので、袋は実質無料で提供しています。(ロゴを入れると印刷費が掛かりますので、無地です)
商品のサイズはφ130㎜、袋は150×150mmとなっています。

中にJANコードが入ったカードを封入しますので、袋の上から読み取り可能かどうかテストします。
※テストをお願いする場合や試作などは、調査担当者に動画を撮ってシェアして貰った方が賢明です。

試作完了しました

袋の中にカードを入れてJANコードの読み取りテストを行い、スムーズに読み取りが出来た事を動画で確認しました。
今回は袋の仕様変更のみですので、このまま量産に入ります。
量産数量は15000個なので生産期間は約3週間。このように数量が多い場合は、船便で国内の検品センターへ向かいます。
続きは「検品」の記事を御覧ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP