基礎知識

検品と梱包について

クオリティチェック

商品は全て、海外の工場から出荷前に検品とOPP袋詰めを致します。
提携工場は全て認証をの平均不良品率は、約500ppm(0.05%)となっています。
御希望の場合は検品センターで検査を受けることが出来ます。
中国の検品センターで受けられる場合、1個当たり50円前後となります。
国内での検品を希望される場合、以下の料金を目安になさってください。

【国内検品料金】
入出庫料 120円/箱
再梱包費用 180円/箱
検品費用 40円/pcs
数量確認費用 10円/pcs

OEMの量産工場は全てSGSやIntertek等の国際品質認証機関の承認を受けていますが、商品や納期に依っては下請け会社が生産する場合があります。
お客様の方で検品を行われる場合、不良率から計算した予備の商品を同梱するようにしています。
酷な検品会社を御紹介する事も出来ますので、詳細につきましてはご相談ください。

梱包、セットアップ

独自のパッケージ、台紙などを含めて梱包作業が必要な場合は通常、中国の工場で行います。
パッケージ工場と商品の工場は異なりますので、パッケージを商品の工場に送り商品を生産した工場で梱包作業も行います。

その場合も検品は行いますが、再検品が必要な場合は上記の金額を参考になさってください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP